So-net無料ブログ作成
検索選択
キャンプ ブログトップ

コールマン 2マントルランタン288A 再生 [キャンプ]

[晴れ]ゴミ捨て場からサルベージしてきた「コールマン2マントル288A」
・ベンチレータ無し
・グローブ(ホヤ)無し
・マントル無し

再生の材料が揃ったところで、一気に組み直しをしました。

[ひらめき]ベンチレータ eBayにて中古を入手 USD7.00 送料がUSD22.00 総額で¥3.043-
USPSだったんですが、シカゴに着いてからトラッキングが全然更新されなくて
どうしたもんかなと思案に暮れてましたが、突然JPから届きましたw

IMG_1354.jpg

中古ですが十分使えます。国内で新品買うと¥4200ほど。

[ひらめき]グローブ(ホヤ)これは新品購入しても良かったんですが、
大昔に2マントル持っており、凄まじいパワーで発光してたのを知っていますから
当然、ガラスだったらフロストグラス仕様か、もしくは壊れないメッシュが念頭にありました。

そんでガラスが、US製造からmade in chinaになったことでガラスの厚みが薄くなり壊れやすくなったとwebでの噂があったので・・・
敢えてガラスはやめてメッシュグローブを自作すっことにしました。

で、ホームセンタにて真鍮のメッシュプレートを購入 @750
Φ108mm 高さ110mmで円柱形メッシュグローブをこさえました。

IMG_1355.jpg

仮で一部はクリップ止めしてます。
これちょうどシンクのステンレスメッシュのゴミ受けカゴがΦ110で
ぴったりの大きさで流用できたんですがね


[ひらめき]マントル  これは流石にコールマンの純正品
ヨドバシ.com @392

IMG_1356.jpg

拾ってきた本体は、ざっと分解・組み直ししてます。

ただ、燃料が・・・山用の携行ガソリンボトルに入ってることは入ってるんですが・・・
ココ何年も白ガスを買っていませんので
ってことは、20世紀の古ガソリン・・・

めんどくせーんで、マントル付けてカラ焼きして(ここでちょいと失敗)
ガソリン入れてポンピング〜着火[爆弾]

IMG_1357.jpg

無事、点灯しました[手(チョキ)]

駄菓子菓子、燃焼が安定しません 
やはりガソリンが古いからでしょうか・・・(´;ω;`)ブワッ 
また、マントルが一部ヤブレてます。カラ焼きで失敗したようです。


ま、取り敢えず これで夏休みの工作は終了です。
バイクツアーではこんなデカイ明かりは持って出かけません。
あくまで非常用の備品です。






nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

昔、北海道キャンパー内で噂となったアダプター [キャンプ]

[晴れ]MAGNAのストーブは余り知られてないようですが
これは、かって北海道キャンパーの間でも話題となった
「ガスカートリッジ変換アダプタ」 こんなのも持ってます

P1270565.JPG

[晴れ]555のアダプター
道内キャンプ場に訪問販売しに来たという噂もあった、しれものです

EPIとかプリムスだとかのアウトドアブランドのストーブを、
安価なカセットガス缶で使えるようにに変換するアダプタです

当然ガス検は通っていません、安全基準もありません
樹脂製ボディなので、使うのは自己責任
たぶん 赤い国製 と思われ、現在でも入手可能<かな>
接続部でのガス漏れとかで、「評判悪」のものですが
アタリを引いたのか、今のところ問題無して使っています

[晴れ]CB缶使ってコールマンのガスストーブと接続します

P1270566.JPG

P1270567.JPG


[晴れ]CB缶が使えるのは平地のキャンプだけかと思われ
私の場合は北海道ツアーの時だけ積んで行きますが、
山行く時はちゃんとOD缶で、
寒い時はガソリンストーブ使うようにしています




nice!(20)  コメント(3) 
共通テーマ:バイク

キャンピングストーブ・メンテナンス・錆取り [キャンプ]

[晴れ]先日のケミカル類の棚卸しやってて、いろんな物が中途半端な残り方をしているので
なんとか使いきってしまおうとの企みです。
とりあえず「錆取りケミカル剤」に白羽の矢
生贄はこれ
P1190562.JPG

P1190564.JPG

[晴れ]20年以上前に、中標津の「るっく」ってホームセンタ<今はもう無いです>で購入の
キャンピング用ガスストーブ  MAGNAスペースコンロ<当時価格¥1480>
それまでは、スベア123RとかPEAK-1なんかのガソリンストーブを
積んで行ったのですが、ただプレヒートがめんどくさいw
そして当時はまだガスのボンベがお高い時代でした。

そんななか、これは何処にでも売ってるCB缶が使えるストーブということで、
釧路から350キロ、中標津まで行って入手したものです。
<こんなの、もう何処にも売ってないと思われます>
これは器具自体が単純で軽く故障もなく、
北海道ツアーには欠かせない火器となってます。

日本のガス検は通っていない、安全装置・圧電点火などありません
ガスバーナーがコンロの形になったと思ってください。
メイドイン・キムチらしいです

長年の使用で、五徳が秋刀魚の油とか錆で見るも無残な姿になってます。
これの錆取り大作戦を決行[手(チョキ)]

P1190565.JPG

・ロックタイトのサビ落としで軽く錆除去
・サンエスK1に漬け込んで、油分落とし 
・それからスーパテックBB-1を希釈した水溶液に浸潤

P1200567.JPG

残量が少ない「花咲かG」まで投入しましたが
結構ながんこな錆で、結局ワイヤーブラシのカップを
充電ドライバーに咥えさせての錆取りに・・・

ちょいとは取りきれない錆が残りましたが
今日のところはこれくらいにしたろ、
で終了することにしました
P1240568.JPG

まずまずキレイにはなりました。錆止めにシリコンスプレを吹いて
ゴシゴシやって、クロームの輝きと金属の表面まで出すことが出来ました。

magna.JPG

追記;こんなのでも、1Lの水を7分で沸騰させることができます。
キッチンでお湯沸かし中

[晴れ]メンテって言うか錆取りだけど、まだまだこのストーブには
頑張って貰わないと

また北海道 連れて行こっと[手(チョキ)]







nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク
キャンプ ブログトップ